ホーム   鬼哭館の殺人事件

※画像出典元:下記の「外部リンク」より

ボタンを「表示」にすることで、シナリオのテイストを表示させることができます

GMレス可 オフライン オンライン 有料 オールユーザー向け 近代(明治・大正・昭和) 日本 日常系 ロールプレイ重視 シリアス ダーク 衝撃
シナリオ

鬼哭館の殺人事件

4.5(35)  6件

マダナビはユーザーの口コミで成り立っています。口コミの投稿にご協力ください。

ボタンを「表示」にすることで、シナリオのテイストを表示させることができます

作品データ

ページ上部のボタンを「表示」にすることで、シナリオのテイストを表示させます


プレイ環境 オフライン、オンライン
プレイ人数 6~7人
プレイ時間 約4時間
GM なしでも可
料金 有料
価格 設定なし
オンラインツール 設定なし
作者 小田ヨシキ/グループSGR
難易度 オールユーザー向け
時代背景 近代(明治・大正・昭和)
地域背景 日本
シチュエーション 日常系
重視スタイル ロールプレイ重視
テイスト シリアス、ダーク、衝撃
外部リンク

下記のページからはシナリオのオリジナルページやプレイサイトに飛ぶことができます。


感想     


  1. アバター  東駿汰  より: 2022年4月20日

    公式サイト、ルールブックにて載せられている、プレイ前に目に入る情報についてまで、触れています。また、主催主の主観が大いに含まれます。ご了承ください。 シナリオの中身については全く触れていません。 7人プレイで確白である探偵役とキーパーを兼任してプレイしました。 3人は少人数マダミスを2、3回プレイしている友人で、他3人はマダミス初めての友人でした。 大人数マダミスは自分以外みな初めてで、役職はみんな希望のものを当日選んでもらい、余った確白探偵とKPを私がプレイしました。 結論から言うと全員集中した議論、自発的な密談と、感嘆と称賛の感想戦でした!プレイ後、他プレイヤーのキャラシートが気になるのはあるあるですが、だれることなく3時間半プレイし、みんな感想戦が1時間捗る、初心者にも経験者にもオススメできる作品でした。 KPとして事前に準備したものとしては場所とホワイトボードによるタイムスケジュール、YouTubeの無料BGMです。 ルールブックに書いてあったものはKPレスらしくネタバレを含まないタイプのシナリオ進行、ルール設定であったため、ある程度薄目でシナリオを事前に読みつつ、当日音読する形でルールの共有が行えるものでした。 タイスケとBGMは個人の趣味で見やすく、良さそうなものを選定しましたが、好評でした。 プレイにあたって、悩んだのは各議論等の時間設定と、事前のキャラシート配布です。 当方が、シナリオの核心へと迫るだけの議論時間と、入念なキャラシート読み込みをできれば行いたい、行ってほしいと思うタイプなので、事前のキャラ配布読み込みをしてもらおうと思いましたが、序盤の読み合わせにおいて、「指示があるまで開いてはいけません」の文字があり、序盤のシナリオ進行にしか影響を及ぼさないものの全員フラットなキャラ理解の方がいいと判断し、当日のキャラ配布となりましたが、問題ありませんでした。 事前に設定されている議論時間等に関しても、ゲームの作りが良いのか、とてもちょうどよい時間配分でした。 キャラシート読み込みの時間は伸ばし可にしますたが、プレイ時間は伸ばした方がいいかな、なんて考えは杞憂でした。 マダミスというものの説明自体に、時間は足りないもの、と宣言していたのもよい働きだったかもしれません。

    5.0
    0

  2. アバター  ororo  より: 2021年11月8日

    推理しがい、ロールプレイのしがいのある、本当に骨太な作品でした。初心者の集まりだったので、基本時間より随分長くプレイしてしまいました。(6時間近く…!)大満足です!!とてもとても楽しかったです!! 追加コンテンツ含め、色々な背景を知ることが出来るコンテンツもあり、とても楽しかったです。

    5.0
    0

  3. アバター  105  より: 2021年5月5日

    パッケージの中ではピカイチ!

    5.0
    0

  4. アバター    より: 2021年3月7日

    大正時代の孤島の館に集まった客人達とメイド長、発見される女主人の死体と後から現れた名探偵で、殺人事件を調査マーダーミステリー。 設定や世界観が凝っており、エモさ重視のシナリオになるかと思います。 ロールプレイだったり、エモさを感じたい方はかなり楽しめるシナリオとなるでしょう。 シナリオは王道的なのにギミックは邪道的といった感じでした。 ただそのギミックによってシナリオの完成度が高まっています。 推理だけにとらわれずシナリオも楽しんだ方が楽しいです。 シナリオにエモさを求める方であればかなり満足できる作品です。 推理のゲームバランスについては投票の内容から総合的に考えて、難し過ぎず簡単過ぎずと言った感じになるかと思います。 マーダーミステリー初心者と経験者が混ざって遊ぶとバランスよくプレイできると思います。

    5.0
    3

  5. アバター  生きているほうの豆腐  より: 2020年12月15日

    よかった。

    5.0
    1

  6. アバター  aki  より: 2020年12月15日

    心から「面白かった」! マーダーミステリーにまれに出てくる、いわゆるモブキャラ的な存在は一人もいません。誰もがきちんと物語に関わっていき、「ハズレの役引いたなあ」という感想を持つ人はおそらく誰もいないんじゃないでしょうか。 そして、小さなこだわりがすごい。「神は細部に宿る」という言葉を思い出します。言葉使いとかね。 時代設定が大正時代なのですが、本当にね、本当に自分が大正浪漫の中で生活しているような錯覚さえ覚えるんですよ!情緒というのでしょうか、まるで古きよき時代の映画に出演しているような気持ちになりました。 本当に名作!!

    5.0
    2

※口コミ投稿は、推奨ブラウザ「Chrome」・「Safari」よりご利用ください。
タイトルとURLをコピーしました